• 顧問税理士について
  • 神戸の顧問税理士の選び方
  • 神戸の顧問税理士の仕事
  • 事業別で探す
神戸でおすすめの顧問税理士 口コミや評判

税務のプロフェッショナル

顧問税理士の仕事とは

ビジネスを始めるのは、簡単なことではありません。
最初は1人で細々と始めた事業も、運よく成功し規模が拡大してくると、人を雇い給料を払う、事務所を借りる、営業拠点を増やすなど仕事を進めるための環境づくりも経営者にとっては大切な仕事の1つになります。
最初は、1人で何でもこなすことが出来ても、業務が多岐にわたり、且つ専門性を要求される内容になってくると、仕事は行き詰って来ます。 やがて、経営者としての管理の仕事もどこかで誰かに助けてもらう日がやってきます。

顧問税理士とは、会社と「顧問契約」をした「税理士」で、事業で発生する売上げや経費を税制に従い適切に処理する専門知識を持ったプロフェッショナルです。
税理士とは税理士法に基き資格を取得した人が行える仕事です。
ビジネスを行い取引をすれば、あらゆる場面で税金の処理が発生します。
税理士は、企業の従業員に代わり税務官公所に提出する書面の作成をサポートしたり、企業からの税に関する相談やトラブル対処についてアドバイスなどを行います。

現在国内での税理士の人数は、平成26年3月現在で約74,000人です。

税務のプロフェッショナル

会社を興して経営していくには、単に物を売るだけでなく、様々な専門知識が必要になってきます。
税金の支払いもその一つです。
企業には、この法律で定められた税制に従い、税金を正しく支払う義務がありますが、税制に精通していないと、どんな場面で税金が発生するかがわからなくなります。
このような時に税理士が活躍します。
税理士は、経営者に代わり税金に関わる社内処理を代行・チェックしてくれる税務のプロフェッショナルです。

良い顧問税理士を探そう

税理士を探して仕事を委託することになれば、税理士検索サイトを利用するのが便利です。
税理士及び税理士事務所の所在、依頼内容、報酬金額などをチェックしながら、候補を絞り込みメールを出せば、要求した資料や問合せに応じてくれます。
最終的には、面談で税理士を選ぶことになりますが、迷った時は、自分との相性や顧客目線に立った応対をしてくれる人を選ぶのがよいでしょう。

税理士ランキング

神戸すえひろ税理士法人

日本政策金融公庫神戸支店取扱件数
6年連続1位!

設立は2002年で、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士など、それぞれの分野の専門家との連携が抜群の税理士法人です。 融資関係と会社設立に強い事務所で、創業融資、追加、借換融資等のあらゆる融資に対応してもらえる上に、手数料は一切かからないと言い切っているので安心です。
クライアントのほとんどが、既存顧客のご紹介とのこと。法人・個人を問わず、多くの経営者からの信頼が厚いと言えるでしょう。

ココがポイント!!
  • 融資手数料完全0円(※顧問契約、成果報酬も一切なし!)
  • 専門家が集まった神戸のスペシャリスト集団!税理士は男性2名女性1名が所属!(所員数11名)
  • どのような問題でも解決に導いてくれると評判!
  • リピーターか紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!
税務顧問料(記帳代行込) 月額9,600円~
サービス内容 融資相談/会社設立/税務顧問/決算業務/税務調査
事務所所在地 神戸市中央区磯上通八丁目3番10号井門三宮ビル12階
電話 078-252-8885
営業時間 月曜日~日曜日 9:00~17:00(土・日・祝日は原則として予約制)

詳細はこちらから

桑原税理士事務所

「こんなことはわざわざ税理士に相談することもないかな・・・」といった内容でも親身になって相談を聞いてくれるのが桑原税理士事務所です。365日の電話サポートを行っているため、いつでも相談したいことがあれば気軽に聞けるのではないでしょうか。

税務顧問料 月額5,400円~
サービス内容 確定申告業務/一般会計業務/年末調整 /相続・贈与関連/記帳代行/給与計算
事務所所在地 神戸市灘区森後町2-1-8  カーサ・コモド501
電話 078-856-3087
営業時間  

中川会計事務所

中川会計事務所は現在の所長が3代目で神戸で長くやってきた会計事務所です。
クライアントとは毎月面談して常に経営者の役に立つデータを提供し経営面のアドバイスもしています。

税務顧問料 月額 30,000円(税抜)~
サービス内容 創業・独立の支援/税務・会計・決算/自計化システムの導入支援/資産譲渡・贈与・相続/事業承継対策/税務調査の立会い/保険指導/経営相談等
事務所所在地 神戸市中央区多聞通2丁目6-5楠公東ビル2F
電話 078-341-2030
営業時間 未記載
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

新着情報

この記事の監修者

税理士 佐藤 修(サトウ オサム)

社会保険労務士、ファイナンシャル・プランニング技能士

経歴
税理士事務所で働きながら学んできた知識や経験を活かし、税理士専門 お役立ちコラムの運用を行う。

税理士を変更する前のポイントは?新しい税理士の選び方と一緒に解説!

税理士を変更するのはどのような理由が多い?

今まで契約していた税理士から、他の税理士に変更する事業者を見かけることもありますよね。 税理士事務所の閉業ということもあるかもしれませんが、それ以外の理由の方が多いです。

税理士への報酬が高い、会計処理などのミス、レスポンスが遅くて上から目線の態度などが理由として挙げられます。 税理士への報酬が高いと、事業での売上が減っているときに経営が厳しくなってしまう可能性が高いです。

皆生処理などでミスされると、確定申告にも影響してしまい、税務調査の対象になってしまうことも考えられます。 また、税理士としての業務はできているものの、レスポンスが遅くて上から目線の態度だと気分が悪いですよね。

相性が悪くて、コミニケーション中にストレスが溜まってしまうなんてこともよくあります。 長い付き合いをすることは難しいでしょう。 最近では、レスポンスが遅くて上から目線の態度という理由で税理士を変更している事業者が多いかもしれませんね。

税理士へのニーズが変化することも

今まで契約していた税理士に対して、会計処理などを中心に依頼しているとしましょう。 しかし、事業での売上が伸びずに経営が苦しくなることも考えられます。

そのような場合、税理士に経営のアドバイスをしてもらいたいと考えるのではないでしょうか。 会計処理などを中心に依頼している税理士が経営についての知識が疎いとなると、事業者側としては困ってしまいますよね。

事業の状態が変化すると、税理士へのニースも変化するものですので、新しい税理士に変更した方がいいと考えてしまうものです。 今回のケースだと、会計処理だけでなく、経営のアドバイスをしてもらえる税理士に依頼することになるでしょう。

しかし、今まで契約していた税理士に対して、ストレートに伝えるのはNGです。 お互いの関係性が崩れることがないような言い回しをして、新しい税理士に変更することがベストではないでしょうか。

変更するときは契約内容を確認する

新しい税理士に変更したい場合、今まで契約していた税理士に解約したいことを申し出る必要があります。

お互いの関係性が崩れないような言い回しをすることも大切ですが、契約内容もしっかり確認しておかなければいけません。 解約の申し出は3ヶ月前に申し出をすると契約内容に記載されていることもあります。

税理士も今後の業務に影響してしまいますからね。 この契約内容を守らないような解約はトラブルを引き起こす原因となってしまいます。

また、税理士への報酬をいつまでに支払うなども契約内容に記載されていることが多いです。 金銭トラブルに発展する可能性もありますので、報酬の支払期限なども守るようにしましょう。

書類を回収するタイミングは?

税理士を変更する場合、今まで契約していた税理士に預けている書類を回収しなければいけませんよね。

請求書、領収書、年末調整関係書類、扶養控除申告書、内訳明細書、固定資産台帳、総勘定元帳、試算表、仕訳帳、会社の定款、登記簿謄本など。大切な書類ばかりですので、スムーズに回収したいところでしょう。

今まで契約していた税理士と契約満了になった後に回収するのはNGです。 お互い、違う税理士、事業者と契約していますので、時間がかかってしまうことも考えられます。 トラブルを引き起こすこともあり得るでしょう。

書類を回収するタイミングは、契約満了になる前にすることが大切です。 また、この時期に解約したいということを早めに申し出をすることで、よりスムーズに書類を回収しやすくなります。

新しい税理士の選び方は?

新しい税理士に変更したけど、前の税理士の方が良かったということも考えられます。 変更しなければ良かったと後悔することもあるのではないでしょうか。

新しい税理士を選ぶ際、長く付き合えるような関係を構築できそうかどうかを重視するのがおすすめです。

経営に対する考え方、決算対策などのアドバイス、会社への訪問頻度、税理士への報酬の適正度などをしっかりチェックし、総合的に良い税理士を選ぶのがいいのではないでしょうか。

また、税理士を変更する理由として、レスポンスが遅くて上から目線の態度というのがあります。 レスポンスが遅い人ほど、信用してはいけないと言われていますし、上から目線の態度は気分が悪くなるものです。

新しい税理士に変更したら、このような感じだったということも考えられるでしょう。 また、税理士を変更しなければいけなくなります。

契約する前のコミニケーションで、ある程度チェックすることができますので、本当に契約していいのかどうか見極めるようにしましょう。

長く付き合えるような関係を構築できそうかどうかを重視するなら、税理士の態度の方が大きいかもしれませんね。

顧問税理士について

神戸の顧問税理士の選び方

神戸の顧問税理士の仕事

事業別で探す

サイトマップ| プライバシーポリシー | 運営者情報| お問い合わせ  |  リサーチ詳細
神戸で信頼できる相続に強い税理士はこちら